1702111401 -どうしたんだ Hey Hey Baby-

愛車のゴルフ トゥーランちゃんにブレーキトラブル。先週の土曜日、母と自分の誕生日が並ぶというバースデーウィーク、はるみさんとみいこと芦北の実家に帰ってパーティせなあかんねん、ビールと刺身を堪能せなんねん!ってな感じで意気揚々とトゥーランちゃんに乗り込むも、なんかおかしい。ブレーキが簡単に踏み込めない。。。。するするとそのままの路上に出てしまうところだった。怖い。

力任せに踏み込むと、タイヤがロックするところまでブレーキがかかってしまう。路上に出て止まろうとするならば、必ず急停車になってしまうというおそろしい状況。とても家族を付き合わせられないので、一旦部屋に戻ってもらい、おそるおそるガソリンスタンドに持っていった。

サイドブレーキに手をかけながら、コロコロと転がす要領で3号線を走り、なんとか到着。もう無理、絶対に無理。この状況で運転することはリスクが高すぎる。結局、ここでの対策は出来ないとわかり、ディーラーに持っていくこととする。

JAFにドナドナしてもらい、ウォルクスワーゲン熊本中央へ。コーヒーをドイツのお菓子といただいて待ってると、ブレーキパイプの破損で6万円強のお見積書。とても痛い出費ではあるが、何事にも変えられない安全の対価であることには間違いないので、すぐに修理してもらうことにする。代車がないので歩いて帰ることに。

車もパソコンも電化製品もいつも当たり前に動いて当たり前と思い込んでるけど、そうじゃないんだよね。部品は確実に消耗してるし、経年劣化もある。要メンテナンスだし、それには技術が必要だし、それにお金がかかるのは必然だよね。

走る曲がる止まるという、車のあたりまえの基本性能が、あたりまえに機能しないことがこんなに怖いことなのか思い知った週末でした。

結局、芦北にはJRとオレンジ鉄道で帰ることにしました。電車が好きな みいちゃんはキャッキャと喜んでたし、僕とはるみさんはゆっくり出来たし。結構楽しかったなー。何よりも事故にならずに誰にも迷惑をかけずに、目の前のこの景色が暗転しなくてよかったなあと思って、車窓から不知火海を見てた。

コメントを残す