夏休み5

20190820

朝起床、5時半。2人ともぐうぐう寝ている。今日はミーコの誕生日、今年の誕生日は別府で迎えることになる。

あまりにぐっすり寝ているので、これ幸いとゆっくり朝風呂を1時間キメて、ロビーでコーヒー飲みながら、夏休みの宿題でもある、時期プロジェクト用の技術書を読む。中原家の朝は大体遅く(というか俺だけ早起きなので) 静かに本を読める貴重な時間とも言える。

たた、8時を回り、朝食バイキングのタイムリミットが近づいてきたので、やむなく鬼の形相で叩き起こし、みんなで朝食会場に向かった。旅の魅力の75%は朝食バイキングである(おれ調べ)朝食バイキングの内容は素晴らしく、朝から、鶏天、やせうま、日田やきそばなどの大分名物を堪能することが出来た。大満足。

とっても良心的な値段の上、職場の関東IT健保の補助も受けられる施設だったので、大変おとくに利用することが出来た。また、大分に来たときは利用したいと思う。

ホテルを出てから別府駅周辺を散策。観光地特有の哀愁を持ったアーケード街、移りゆく観光産業を生き抜いてきたようなシヴめのお店が多々あり、こんどまたよく調べて来たいなあと思った。別府タワーにも久しぶりに登頂。時が止まっている。眼下にビシーと伸びた国道10号線を眺めながら、昔、はるみさんと2人で来たことを思い出した。そして今、ミーコという仲間が増え、3人で来ている。人生はドラクエである。

帰る前に、大分の新鮮な魚介類を堪能したかったので、回転寿司の名店 水天へ。小一時間くらい待つことになったが、エキセントリックに新鮮なお寿司の数々に感涙しながら頂いた。いつものチェーン店とは違うぜ。青魚はこれ以上なく新鮮で、軍艦のノリはパリパリ、穴子はふっくらすぎて一瞬でとろけていった。幻かと思った。今回は、大分名物のりゅうきゅう(いろんな魚のお刺身を醤油とお酒で漬けたもの)の魅力を知った旅であった。平日はお昼のコースがあって、とってもリーズナブルにいただけた。前回ははるみさんと二人で行って、軽く一万円超えたのだけどw

帰りは、直線的で距離も少なく、時間も殆ど変わらないため下道を選択。延々と山道をくねくね帰ったため、ミーコが車酔いして戻してしまい、とてもすまなく思った。より直線的な竹田ルートを選択すべきだったか。。。とはいえ、家族三人、無事に熊本の自宅に帰ることが出来た。無事に帰る、これが一番大事なのです。

楽しい家族旅行だったなー。2人とも喜んでくれて良かった。またスキをついて、どこそこ家族旅行をキメていきたい。

20190821

ミーコ5歳の誕生日パーティを。ごちそうと、サーティーワンのアイスケーキと、ハートランドビールと。すくすくと元気に育ってくれてありがとう(::)