なんつーか、とてもいい年でした。

いきなり結論づけてしまったけど、家族一同大きな怪我や病気もなく、健やかに過ごせました。みいこもおかげさまですくすくと成長しました。仕事も、裁量が大きくなる中、新しいプロジェクト・技術にチャレンジさせてもらい、前向きに取り組むことができました。これもひとえに、おまいらと家族とおれのおかげです。本当にありがとうございました。

来年はいよいよ2020年、2020 というと大好きなTRICERATOPS の曲を思い出す。この曲がリリースされた2002年、2020年なんて遠い未来だと思っていて、いわゆるロストジェネレーションといわれ、おれは可愛そうだなーと思ってたおれは、未来が不安で怖くてみじめで仕方がなかった。それからドタンバタンと七転八倒して見苦しく生きてきてけど、2020を目の前にして、いまおれはとても幸せです。あんまり心配することはなかったな。これからも、できるだけ楽しく、目の前の生活を頑張っていきたい。そうなるように一生懸命考えていきたい。幸いなことに、家族も仲間もいるしね。

と言う感じが IN MY HEAD状態の2019大晦日のjoyfull芦北店。来年もよろしくお願いいたします。

生まれた時から建っていたビルは
跡形もなく無くなってしまった
おもちゃの汽車と回るキャンディーマシーン
ずっと一緒にはいられないんだね

でも大丈夫さ
誰も壊せないものがここに一つだけ
置いてあるから

2020年の夜明けに映る 僕らどんなんだろう
流行りの服で 君に変わらず歌って聞かせるような
そんな僕でいたいのさ

何か掴むのが人より遅かった
僕はまるで沈没しそうな船のよう
でも君がいて ここまで来れた
進まなきゃ意味がないのさ これより先へ

2020年の夜明けに映る 君の体を
抱きしめていたい 二人がこの愛に迷った時も
君を守り抜くため

見渡すと新しい建物が立ち並ぶ
汚れてもかまわない 僕は君といるよ

空は今日のエンドロール流し始めた
僕らを明日の世界へと運んでいくよ 運んでいくよ

2020年の夜明けに映る 僕らどんなんだろう
流行りの服で 君に変わらず歌って聞かせるような
そんな僕でいたいのさ

2020 / TRICERATOPS